治療紹介
ドクター紹介 仲尾保志
診療時間・アクセス
107-0052
東京都港区赤坂1-12-33 
ANAインターコンチネンタルホテル東京1F
TEL: 03-3560-6465 FAX: 03-3560-6467
E-mailでのお問い合わせは
こちらから
ドクター紹介
院長:仲尾保志 Yasushi Nakao, M.D., Ph.D.
専門 ・手の外科  ・末梢神経外科
・音楽演奏家の手の治療
・腱鞘炎の内視鏡手術
・顕微鏡による微小外科手術
資格
役職
・日本整形外科学会専門医
・日本手の外科学会専門医・評議員
・日本末梢神経学会評議員
・厚生労働省評価基準作成グループ
 有識者メンバー
仲尾保志
略歴
1984年 慶應義塾大学医学部卒、同整形外科学教室入局
1991年〜カナダ・トロント大学形成外科
1992年〜米国・ワシントン大学形成外科
1995年〜慶應義塾大学整形外科 2005年〜同専任講師、手の外科班チーフ
2006年〜東京先進医療センター・元赤坂診療所を開設、院長に就任
繊細な動きを要求される音楽演奏家の手を、内視鏡や顕微鏡を用いた精密手術によって治療することで、世界的に名前が知られる。これまで国内外で活躍する多くの音楽演奏家から手の治療やマネージメントを依託され、その治療成績は高く評価されてきた。近年は、若手音楽演奏家の手のケアにも注力しており、桐朋大学音楽部、東京音楽大学、東京藝術大学音楽部付属高校、などで、招聘 講師として特別講義を行っている。
元来の専門は、末梢神経の再建外科で、損傷した神経や血管を顕微鏡を見ながら修復する技術を持つ。直径0.5mmの子供の指神経でも、髪の毛の10分の1 の細さの特殊な針糸を用いて、正確に縫合することができる。1991年より3年間神経再建手術で世界の頂点に立つスーザン・マキノン教授のもとで技術を磨き、 日本に帰国後、日本を代表する手の外科医、堀内行雄医師(現川崎市立川崎病院副院長)に師事した。
1997年には、2mmの切開で「腱鞘炎」を手術する内視鏡手術機器を考案し、腱鞘炎の治療でも知られるようになった。この手術機器は、米国のスミスアンド ネフュー社により製品化され(米国特許取得)、欧米でも広く行われるようになった。海外からもその手術指導の依頼は多く、積極的にデモ手術のため渡欧米 している。
医学博士。
2006 Copyright MOTO-AKASAKA CLINIC. All rights reserved