元赤坂クリニック

治療紹介
ドクター紹介 仲尾保志
診療時間・アクセス
107-0052
東京都港区赤坂1-12-33 
ANAインターコンチネンタルホテル東京1F
TEL: 03-3560-6465 FAX: 03-3560-6467
E-mailでのお問い合わせは
こちらから
治療紹介
東京先進医療センター・元赤坂診療所は、東京の中心部赤坂に位置する都市型ホテル、ANAインターコンチネンタルホテル東京の1Fに、2006年3月に開設されました。
当診療所では、ホテル内クリニックとして総合内科、整形外科などのプライマリーケアーを提供する一方で、「手の外科」の最新医療を提供しています。「人間の手」は非常に複雑な構造をしており、神経、血管や腱が迷路のように走りながら、その機能を維持しています。そのため、治療には、様々な知識と経験、繊細な手術技術 が必須とされています。院長の仲尾は、20年にわたる手の外科医としての経験を持ち、2005年まで慶應義塾大学病院整形外科の手の外科グループのチーフ を務めていました。
当診療所は、内外でも数少ない「音楽演奏家の手」を治療できる施設として、プロ、アマチュア、子供をとわず、高度な専門医療、リハビリの指導を提供しています。演奏家の手は、繊細にして強靭な動きを必要とするため、通常の整形外科治療では、100%の結果を獲得できないことも少なくありませんでした。われわれは、 世界最小の2mmの切開で治療を行う内視鏡手術や顕微鏡を用いたマイクロサージャリー、様々な疾患に合わせたオーダーメイドのブロック注射や最新の リハビリなど最先端の医療技術を駆使することで、これまで多くのの実績を上げてきました。対象は、クラッシックからポップス、ジャズ、邦楽まで幅広く、楽器は、 ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、ギター、マリンバや太鼓などのパーカッション、フル ート、クラリネット、サックス、オーボエなどの管楽器、アコーデオン、バンドネオンから琴、三味線、尺八まで対応しています。
当診療所の「腱鞘炎」治療の実績も、広く知られています。音楽家のみならず、手を酷使するプロ、アマのゴルファーやテニスプレーヤー、一般の患者さんも 大勢来院されています。腱鞘炎は、指の動きで強い痛みを伴い、症状が進むと、指が曲がらなくなったり伸びなくなる人も少なくありませんが、安静やシップ、 内服薬では、この症状は治らないのです。当診療所では、様々な抗炎症剤を配合したブロック注射を用いるため、腱鞘炎の強い痛みは、数日でとることが できます。また手術を要する進行した腱鞘炎には、最新の内視鏡機器を用いて、わずか2mmの皮膚切開で根本治療を行っています。内視鏡で行うため、手術 翌日から手を使用することができ、3〜4日で水仕事も可能になります。
糖尿病患者さんの手の障害に対する治療では、東京女子医大糖尿病センターと連携し、様々な低侵襲手術やリハビリ治療を提供しています。多く発生する ことで知られる手根管症候群、肘部管症候群などの神経障害、腱鞘炎や手のこわばりに対しては、血糖値のコントロールに障害とならないブロック注射で、 高い成績を上げています。また、手術を要する場合は、常に内視鏡を駆使して、精密な手術を行っています。
元赤坂クリニック
2006 Copyright MOTO-AKASAKA CLINIC. All rights reserved